心の扉を開けて  まばゆい空へ向かって       ~本当の自分へ還る旅~
思い込み(観念)のない本当の自分へ還る旅へ                              まばゆい空のような本当の自分に出逢うために・・・                         今日も眩しい空を見上げています☆ 


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

eiwa11

Author:eiwa11
         
人生が思い通りになる!?
・・・本当に??
半信半疑でこの旅に出た。

確信に変わりつつある今
眩しい空を見上げながら
この旅を続けています。



今話題の「無料電子ブック」



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



カテゴリ



メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新トラックバック



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そして誰もいなくなった?
今私が住んでいる所は
小さなマンション。

8世帯だけの。

大通りからちょっと入った所で
まぁまぁ静かな場所。

今は子供がいるのは
家だけですが

二年前は
3世帯だった。


3歳のお子さんがいる
上の階のAさん。

2歳と1歳のお子さんがいる
1階のB さん。


正直
どちらの方も
苦手(><)


なるべく
顔を合わせないように
していた。

ただ
子供の保育園が
一緒だったので

時々は
顔を合わせた。




Bさんのお子さん達は
毎朝早い時間から
ギャーギャー

もちろん
休日も。

それが
憂鬱で憂鬱で(--;)

もぉ~
休みの日の朝ぐらい
静かに過ごした~い!!

とよく思っていた。




Aさんは
すぐ上の階に住んでいるので
階段の昇り降りや
ドアの開閉
その他物音など

聞くつもりがなくても
聞こえてくる。

毎日毎日
ドタンバタン
ドンドン
ギャー

という感じで(--;)




そんな時
本当の自分へ還る旅
と出会った私は

よし
浄化(ワーク)してみよう
と。


その人達に対する
悶々とした思いを
ノートに書き出し

ひとつひとつ
浄化していった。


毎日毎日
思うことを
書き出しては
浄化する

これを繰り返していた。




ある週末
実家へ帰っていた。

月曜の午後に戻り
夜、ちょっと静かな事に気づいた。


上の階のAさんの
いる気配が無い。

物音が
全くないのだ。

ん!?

・・・

引っ越していた。



引越し先は
そんなに遠くはないようだが
(時々近所で見かけるので)


毎日顔を合わせるとか
毎日あの物音を聞くということは
なくなった。



それからも
他のもの(観念)と一緒に
AさんとBさんに対する
浄化ワークを続けた。




Aさんが引っ越してから
約半年後。

また
とある週末に
実家に行っていて
戻ってくると・・・


1階の部屋が真っ暗で
カーテンもない。


Bさんも引っ越していた。

あとから聞いた話では
こちらは
お隣の県へ
行ったのだとか。



浄化ワークをしていると
嫌な人がいなくなる

と、聞いてはいたものの
自分が体験すると

なんともまあ
不思議というか
なんというか。。。



必要なものは残り
必要がなくなったもの(人)は
なくなる(いなくなる)



浄化ワークを続けていくと
こんなことが
出てきます。


そして
それが
多くなっていきます。


「そして誰もいなくなった」


ん~
今でも不思議☆











「そして誰もいなくなった」を体験できるのはコチラ
    ↓








人生を変えたい!現実を思い通りにしたい!方のための講座

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース







「本当の自分へ還る旅」の仲間がたくさんいます♪
       ↓














スポンサーサイト

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。